リアルタイムでウェブと学術論文データベースをチェックする剽窃チェッカー


自信をもって剽窃が残っていないと言える論文を提出していると想像してみてください。これは単純に、あなたが発刊済みの科学誌すべてとの剽窃チェックを終えているからです。
これが私たちの仕事です。

 

ミッション

 

最大の学術論文データベース

どんな発刊物でも完全な信頼性を保証する唯一の方法は、すでに発行されている記事すべてと比較をするということになります。このゴールを設定することで、これを達成するために、あなたの文書を今までリリースされたすべての科学記事に対して調査する必要があると気づきました。

そして今、8,000万点の学術論文に対しチェックができるようになりました。これはすべてのDOI記事の約80%となり、競合他社の約2倍もの数量です。Oxsicを利用することで誤検出度を53%(他社利用時)からたった24%まで下げることができます。

オックスフォード類似チェッカーの主な特徴

最大の論文データベース

 

私たちの比較データベースには、DOIに登録されているすべての学術論文の80%以上が含まれています。他社ではたった47%との比較です。このデータセットは、研究のプロセスにおける盗作防止に重要なものとなります。

リアルタイムウェブサーチ

 

130兆点もの記事、書籍、機関紙、雑誌、百科事典といったオンラインドキュメントとのインスタント比較が可能です。私たちのクローラーは投稿後たった10分でも確認出来るほど、インターネットに投稿されたコンテンツを素早くインデックスすることができます。

チーム管理ツール

 

このツールは完全にお客様のニーズに合わせることが可能です。制作が決まったどんな構造に対しても、必要なリソースをすべてご利用頂けます。

その他の特徴

Oxsicは現在ご利用の剽窃チェッカーより費用対効果が高い代替サービスとしてのハイエンド剽窃チェックソリューションを提供するようデザインされています。私たちがお手伝いできることをぜひご覧ください。
129言語の剽窃検知

盗作検知のアルゴリズムは完全多言語対応です。テキストを完全に理解し分析し、書かれてある言語を検出し、盗作を見つけ出すことができます。また、複数言語で書かれている論文にも有効です。現在、129言語をサポートしています。

言い換え剽窃検知

言い換えは一見、盗作に見えないかもしれません。しかし近頃言い換え盗作は主な剽窃問題の一つとなっています。オックスフォード類似チェッカーは有効的にこれらを発見します。

剽窃リスクの識別

リスクはコピーしたとして指摘されるテキストの可能性を示します。間違いなく最も重要なスコアであり、剽窃リスクの識別により、手元にあるものが正しいものか、怪しい可能性を含んだものかを知ることができます。

パーソナルデータベース

全てのユーザーは独自のデータベースにアクセスできます。完全制御のもとで自由に文書のアップロードや削除ができるプライベートモードです。

クイック剽窃検証(最速6秒/ページ)

どんなに良いものでも処理速度が遅くては使い物になりません。私たちのツールは他社よりもずっと速い、1ページあたり最速6秒で剽窃チェックが可能です。

APIアクセス

API経由でサービスを利用することもできます。ご利用中のCRMと私たちの技術を統合し、独自のシステムの構築が可能です。

無料で剽窃チェッカーを試す

契約の義務はありません。登録してオックスフォード類似チェッカーの良さを体感してみてください。

よくある質問

他にもご質問がおありですか?